Ichigojam自動起動で、0番以外を選びたいとき

簡単にIchigojamの自動起動を拡張して、複数のプログラムから選択する方法です。

 
facebookグループ、Ichigojam-FANの私の投稿からの転載です。一部改定。
 
用意するのは、100kΩの半固定抵抗とボタン、あとジャンパワイヤ、ブレッドボード。
写真のように接続します。
f:id:maeno369:20160406094315j:image
 
下記のようなプログラムを0番にセーブ。
20は、テスト時にボタン押さなかった時用。
80以降には0番で起動したいプログラムを書きます。例はLチカです。
f:id:maeno369:20160406094336j:image
 
半固定抵抗を回して矢印の方向を変え、ボタンを押しながら起動することで、キーボードなしでも起動するプログラムを選択出来ます。
例では、半固定抵抗の最小値、左角、右角、最大値にそれぞれプログラムの0,1,2,3がわりあてられています。
 
0番起動
f:id:maeno369:20160406094746j:image
 
1番起動
f:id:maeno369:20160406094758j:image
 
2番起動
f:id:maeno369:20160406094808j:image
 
3番起動
f:id:maeno369:20160406094819j:image
 
友達の家で複数の電子工作を自慢したいけど、キーボードとモニターを持っていくとかさばる…。というお子さんなどは使えるのでは。
 
半固定抵抗ではなくて普通の抵抗+複数のボタンでも出来ます。でも、抵抗値が高くなると、ボタンを押して起動してもボタンを押していないものと判定されるみたいなので注意が必要です。