micro:bitで無線夜尿アラームの製作

子供のおねしょがなかなか治らないので、micro:bitで夜尿アラーム(おねしょブザー、おねしょアラーム)を製作しました。

アラーム療法
寝る前にお子さまのパンツに小さなセンサーをつけることで、尿でパンツが濡れるとアラームが鳴る条件づけ訓練法です。
夜尿後直ぐにアラームで知らせて本人に認識させ、それを繰り返すことにより夜間の蓄尿量が増して、夜尿量の減少、夜尿回数の減少へつながり、夜尿の時間帯が徐々に朝方へ移行して治癒に至ると考えられています。

https://onesho.com/patient/process/

夜尿アラーム

普通の夜尿アラームは、一体型でセンサーのついた本体からアラームが鳴るのですが、micro:bitが2台あるのでセンサー用とスピーカー用で分けます。子供のパンツにセットしたセンサーが濡れを感知したら無線で送信して、私の枕元に置いたスピーカーからアラームが鳴って知らせるようにします。そして私が子供を起こす…。

1台のmicro:bitにセンサーとスピーカーをつなげても夜尿アラームになります。しかし、我が家でおねしょする方の子供の隣に寝てるのは、私より眠りの浅い夫なので、アラームが鳴った時に夫が起きてしまいそう(そして私は寝てそう)…そんな事態を避けたいから無線を使用することにしました。

用意するもの

micro:bit2台
センサー用とスピーカー用の2台。
センサー用 イヤホンジャックダイソーの耳もとキューブスピーカーのイヤホンジャックを切断して、センサー代わりに使います。
スピーカー 今回はmicro:bit(マイクロビット)用ワンタッチスピーカー TFW-SP を使用しています。
micro:bitの電源2台分を用意します。スイッチ付きだと便利。
これが完成の状態です。

ざっくりとした作り方

センサー用micro:bit

P2と3Vにイヤホンジャックをつなげます。電源もつなげます。

スマートにまとめたかったので、ねじに半田付けしています。全くお勧めはしません。
ワニ口クリップなど使ってください。

以下はケースです。お好みで。

実際の使用時には、イヤホンジャック部分に、コットンか適当なティッシュを巻き付けて輪ゴムで固定して使用すると思います。

スピーカー用micro:bit

P0とGNDにスピーカーをつなげます。電源もつなげます。

こちらの電源はダイソーの電池式モバイルバッテリーです。
TFabWorksのスピーカー。簡単に接続できて便利です。

プログラミング

MakeCodeで無線が使えるようになっているか確認してください。

センサー用micro:bit

アラームが鳴り続けないように、変数dryが真の時だけ、P2のアナログ値をチェックしています。イヤホンジャックが濡れていたら無線で送信し、dryを偽にします。アラームが鳴り続けたほうが良いのかもしれませんが、深夜で真っ暗&寝ぼけた時にmicro:bitのスイッチを切るとか、なんかあたふたしそうで…。

イヤホンジャックが濡れてたらハートマークが出て無線送信。

JavaScript

スピーカー用micro:bit

念のため、Bボタンでリセットするようにしてあります。センサー用のプログラムを見てほしいのですが、無線で100を受信すると、変数dryが真に戻ります。

JavaScript

完成形

動画ではおねしょブザーとなっています。

参考

以下のサイトを参考にしました。ありがとうございました。

複数のmicro:bitで自動灌水

お風呂満水警報装置

蛇足

まだ実際に使用していません。夫の理解を得られるか不安で言い出せない…。

前回に引き続いて、しゃべらせて遊びます。 kkooddoommoo.work コードをちょん切りました ワニ口クリップをはんだ付...